ひさびさのアクリルガッシュ。

works_200506_02.jpg

 これは最近購入した「アクリルガッシュ」の習作です。仕事用のイラストを描く場合、ほぼカラーインクとイラストレーションボードのパターンけっこう長かったので、アクリルガッシュは久しぶり。透明染料系のカラーインクとはやはり発色や混色の癖が異なります。どうしてもカラーインクの手順が染み付いているので薄く重ねてしまい、混色は比較的イラストボードの上に色を重ねながらつくっていました。それがアクリルガッシュだとパレットで色を決めてから描画になるので画面の色づくりが異なります。ま、そのあたりを確認してから、エアーブラシによる立体作品の着色の感覚を復活させようと思っています。

 絵を描いたり立体作品をつくるのは頭の中でいくら素晴らしい作品が完成していても、それを手で実在させなければなりません。技術が足りなかったり道具の癖を分かっていないと頭の中の完成度はどんどん劣化し別物になります。この手順・作業は手で実際に描いたりつくったりしなければその実感を確認できないので、どうしてもテクのコンディションを整えるためにはいろいろ試作・習作を繰り返していく必要があります。実際、筆やヘラを握って描いたりつくったりしていると、いろいろ技術的な新しい発見やアイディアも生まれます。頭で考えているだけではこれらのひらめきも生まれません。だから、作品(成果物)を生み出すためには手を動かすしかないようです。