得手なことが武器になる。

 結局、何か情報を発信しようとして魅力的な伝え方や自分が得手ではないヒトのアイディアを真似しようとしても、それは自分のモノになっていないので、結果、「他人のふんどし」になります。小手先の知識と技術でカッコいいユーチューバーさんの映像を真似ようとしても似て非なるモノになる。確かにクリエティブは優れた他人のコンテンツを誠意を込めて真似ることから始まるとしても。消化できていなければフワフワっとするだけで、身体の中から何かを発信するときのテクニックとしてはイタダケない。で、どうしたら新しいテクニックとか手法、魅力的な不特定多数の皆様から共感されやすい伝え方ができるのかとなれば、

 やはり、得手なことを武器にするしかない。

 つまり、小手先の真似事には限界があるということ。全然、自分らしくないことを続けていても消化不良のまま身にならないし、当然、反応は薄い。仮に反応があったとしてもそれは自分のスタイルではないし、100%嘘ではないが、50%ほど嘘なのだ。だから、実感がないし達成感もない。それはその伝え方(コンテンツ)を観てくださっている方も同じ。この容姿でこの経歴でこの言い方は無理しているな、と直感で感じ取られてしまう。いやいや、そうじゃなく、結構、これはこれで一生懸命やっているんですが、がの「努力」の部分って意外と通用しないストレートでダイレクトな感覚の世界なのだと思います。

 つくづく、最近、そんなことを実感しています。