やっぱ、ツイッターなのかな。

books_200731.jpg

 僕はあまりFACEBOOKとインスタを積極的に活用していない。理由はいろいろあるのですが、FBの場合、情報があまり拡散しないような気がしています。また、INSTの場合は写真情報優先で情報としてはそれで充分という捉え方も確かにあるのですが、ビジネスパーソンが情報を発信する場合、文字情報に軸足を置いた方が拡散しやすい、拡散させた方が実益につながるような気がしています。勿論、芸能人や著名人のインスタを観るのは楽しいのですが、だから、どちらかというとユーザー意識の中にエンタメ要素を期待しているタイプのSNSなのかなと思っています。「いいね」はたくさん頂けてもその先はあまり期待できない…みたいな。

 で、更新頻度の高いSNSは結果、ツイッターとYouTubeになってしまいました。アクトの営業目的の情報発信としては、まず、公式WEBサイトがあり、独自のサーバ内に個人ブログがあり、そこへツイッターとYouTubeから入ってきてもらうという流れをつくっています。あくまでもSNSはサテライト(戦闘機)であり、母艦はWEBサイトという情報発信構造にしています。

 また、この本にもいろいろなツイッター術が書いてあったのですが、基本的なルールとしては、「盛り過ぎない」ことと「カミングアウト(卑下)しない」ことだそうです。そして、一般の感覚で当たり前に持つべき配慮を忘れないこと。これがツイッター術の鉄板のルールだそうです。実際の営業術にしても経営術にしても無理はいけません。フラットにニュートラルに丁寧に冷静に身の丈に合った行動・言動を心がけたいと思っています。これとても良書でした。