カホン到着。

works_200813.jpg

 昨日、サウンドハウス様で購入した「カホン」が到着しました。ちょっと上位ランクを購入したのですが、正解でした。本来、カホンはドラムの「ハイハット」「スネア」「バスドラ」をこの一つで演奏できる非常に優れた楽器。このシンプルな構造でここまでの表現力だとは実際、叩いてみて驚いています。何回もYouTubeで演奏動画や基本講座動画を観てチェックし、この1台目に決めたのですが、大満足です。アマゾンやモールサイトでいろいろなレビューを読んで、結果、楽器の専門店サウンドハウス様で購入。レビュー通りのクオリティーです。

 書籍やDVDならアマゾンで充分なのですが、このような楽器やカメラやクリエティブ関連の機材やソフトウエアはやはり専門店で買うメリットは大きいです。商品の特徴や実際に操作したり演奏したりする商品なので、商品のスペック以外にもいろいろなノウハウを知ることができるし、疑問が発生したら直接ショップの担当者様にメールしたり電話できます。ほんと、専門知識や専門的なテクニックのお話を聞けることが、少々値段が高くとも全然、価値アリなのです。

 マイキングについてもYT動画でいろいろリサーチしたのですが、上部の高音はガンで、中央部分の低音はホール(裏面)の近くにコンデンサーマイクを設置して録音します。それらを2チャンネルのレコーダーで録音(ミキシング)しながら、リバーブとEQを調整してPC、又はカメラへラインアウトという構成になります。早速、今晩、その構成でカホンの音を録りたいと思っています。

 たった、これだけのボックスですが、なかなかステキな低音です。