6アンダーグラウンド

 NETFLIXで「6アンダーグラウンド」を観た。

 この映画はNETFLIXでしか配信されていない作品なので、とことん観たいが観れないだろうと諦めていたから、余計に痺れた。恐らく、「6UG」はNETFLIXのココイチ映画だから、期待値はMAXだったが、それ以上だった。「想像を超える作品」というフレーズは死語に近い手垢の付いた言葉だが、この映画に関しては正に「想像を超える作品」だった。恐るべし!世界の精鋭が結集すればこうなってしまうんだ!という驚嘆の連続。しかも、物語が余計な要素を一切削除し、ただただ、傑出した秀逸な映像の太い軸として成立している。ノーランが「TELET」をつくり公開されているが、そのベクトルではない、むしろ、王道を登り切り、8,848mより上に舞い上がったような感覚である。この映画をあと何回観るのだろう。レザボアやダイハード1やシャイニングやスタンドバイミーや羊たち~やブレランのように何回も何回も観て、都度、新しい刺激をもらえる作品の一つだと実感しています。