カホン用シンバル。

works_200903.jpg

 カホンのテクニック紹介DVDを買った。YTでも結構な本数のカホン動画を観たので、基礎テクニックと知識はだいたい分かった。マルチトラックレコーダー(ミキサー)の使い方もほぼほぼ理解したので、あとは、カホン演奏を録音してミキシングしてオリジナル音源をつくろうと思っていますが、YT動画を観ている段階ではシンバルはまだ早いと感じていました。カホンがある程度上達してからと。しかし、DVDの先生が「やはり、必要ですね」「あれば、それらしくなります」という言葉に唆されて(信じて)、これを買いました。

 これで音色としてはハイハット、スネア、バスドラ、シンバルが揃うことになるので、テクニックを上げてオリジナルドラム音源をつくりたいと思っています。ドラムについては本格的にやったことはないのですが、中学校の頃、友人がドラムを買って練習していたのでいっしょに練習したり、高校時代はバンドをやっていた友人の影響でドラムに触れさせてもらっていた。大学になるとスタジオで上手い奴らと課題曲を練習するようになり、練習の合間にドラムを叩いていた。なんとこの程度。全然、本格的に取り組んだわけではなく、ほぼほぼ、「カジリ」と「ツマみ」程度。でも、音楽の聴き方(楽しみ方)として、リズムはとても気になっています。日本人はリズム感が海外の人達と比べてあまり優れていないなどと言われがちですが、日本には日本のリズムがあると思うし、良質な海外の音楽をいろいろ聴いていればリズムは身体に実装・記録・保存されていると思っています。ま、それがカホンで再生できるか否かは別次元のお話として、これが到着したら練習して、オリジナルリズム音源をいろいろつくっていこうと思っています。その後で、ギター・ベース・キーボードをミキサーで重ねて、最後に歌入れかなと思っています。

 つたない貧弱な野望ではありますが、これで「独りコピーバンド」をやる準備ができます。たったこの程度のことではありますが、やはり、音楽は楽しい。

 DAWでドラムだけは打ち込みしようとやってみたのですが、まぁ~打ち込みドラムの薄い音。いろいろなソフトを試してミキシングもやってみたのですが、データ通りに再生するドラムの単調な(完璧な)ドラム音に違和感を感じ、リズムパターンもいっちょまえにアナログでつくりたくなったという背景です。ここまで偉そうに書いたんだから、そこその音源をつくらねば。