そ、そんな…。

 「GH5」と「GH5-S」の違いはLUTがプリインストールされている(GH5-S)いない(GH5)だけだと完全に思い込んでいた。だから、あとからLUT後入れでいいかとGH5を選択したのに…。結構、いろいろなサイトやレビューを徹底的に確認したはずなのに、本日、確認した「GH5とGH5-Sの違い」というWEBページには「写真ならGH5、映像ならGH5-S」なんて評価が書いてあった! そ、そんな…。パンフレットも角が擦り切れるぐらい読んだのにそんなことは一切書いていなかったし、確かに専門的なスペック情報についてはスルーしていた。よくよくスペックを確認したらISO感度がGH5-Sの方が2倍ある。で、本体内に手振れ補正がなかったので、迷わずGH5を買ったのに。実際の撮影では本体内に手振れ補正機能があると、脚でパンした時、無駄な揺れが微妙に出るらしい。ま、ほぼほぼGH5はスタビライザーに載せているので気がつかなったのだ。何よりISO感度が高いことでダークな状況や夜の撮影がダンチらしい。完全にリサーチ不足です。だから、サブ機でGH5-Sを購入しようと思っていたが、むしろ、GH5-Sが動画撮影としてはメイン機になりそうです。レンズはほぼ揃っているので本体のみの購入となりますね。やはり、ちゃんといろいろな観点からリサーチをしなければいけないですね。