サイネージ画面デザイン

works_201028.jpg

 個人的な好みですが、媒体が用紙でも画面でも横デザインより縦デザインが好きです。ま、扱う情報に合わせてタテヨコの選択はケースバイケースですが、人間の目の動きは左右よりも上下の動きがスムースなので、情報は縦に並べた方が理解しやすく、特にポスターやサイネージなどの瞬間的に情報を伝えるツールの場合、横よりも縦が伝達力が強い。ただ、映像制作においては基本的に16:9や2:1の横比率に慣れ親しんでいるので、縦の映像となると、新しい感覚で映像をつくる必要がありそう。つまり、映画などは比較的動きが左右をいっぱい使う場合が多いが、デジタルサイネージの場合は画面を立てるので、上下の動きを効果的に活用する必要がある。ま、とりあえず46インチぐらいのサイネージを購入して、同じテーマの映像でタテ版とヨコ版の試作(アクトの広告イメージ)をつくってみようと思っています。