なるほど、こういうことなんだ。

works_201107.jpg

 なるほどなるほど、こういうことであのアナログチックなリズムをつくっているんですね。右手でハイハット用のスティックを持ったら、カホンのバスドラはどうするんだろうとモヤモヤしていましたが、これで解決。だから、左手はカホンのスネアを担当できるという仕組みなんですね。動作的にはほぼミニドラムセットの使い方になりますが、かなりのリズムパターンが鳴らせそうです。

 ま、音楽、特にドラムの基礎なんて誰から教えてもらったわけではないし、教えてくださるような方も身近にいない。やりたいなら我流でなんとかするしかないようです。しっかり学べばレベルやクラスは上がるでしょうけれど、それが「楽しい」につながっているわけでもないし、プロになるわけじゃないので「楽しい」を優先したら我流が一番近道。どこに向かっているわけでもないのでシンプルに純粋に「楽しい」を探求していこうと思っています。これが音楽の基本姿勢なんじゃないかな。