バンド活動日記 アーカイブ

やっぱ一台手元に・・・。

lespaul_gazo001.jpg
 やっぱ、一台、手元に置いておきたいですので、只今、物色中。

ネットで楽器が上達!?

 思わず新聞を切りぬいてしまった「ネットで楽器上達」の記事。「忙しくても手軽にレッスン」とある。「インターネットでギターやピアノの弾き方を学ぶ人が増えている。演奏の指使いなど基本的な知識を教える初心者向けから、1曲を短期間で習得したい中級者向けまで幅広い。忙しくて教室のでのレッスンに通えない社会人らを中心に、マイペースで自宅で練習を続けられる気軽さが支持を集める。実際に楽器を購入する人もおり、楽器販売の一部で回復の兆しもある。」という情報のディテール。

 これも言わば、パブリックなプレスリリース的要素が多分にあるから、具体的な物理定数は定かではない情報。ただ、鮮度はあるように感じられるし実際そいいうターゲットからのニーズが増えていることは現実だろう。ネットの浸透率が比例できるジャンルだとは思う。ツールとしてインターネットを活用する手法としては「あり」だろうし、実際、忙しい人のニーズをネットで救っているなら、課金が適正であれば、拡充するだろうサービスです。楽器の販売に繋がるだろうし、これを基軸に様々なビジネスモデルが構築できそうである。ここでも、ハイテクとローテク、デジタルとアナログの合わせ技が見事に成立している。どちらかだけでは成立しないモデルも共有・共存・共鳴させるから価値みたいなこと。

 で、発表したければ、YouTubeやユーストがあるし、実際のライブ活動のチケット販売などもネットを利用・活用すれば、すでに認知されファンが確保できている仕組みだからこその、リアルライブの醍醐味・・・みたいなこと。この、デジタル&アナログの手法が現代のこれからの戦略を組み上げる本丸の鉄板だろう。北海道のドラムと東北のベースと大阪のギターと高知のピアノと沖縄のボーカルがオンラインでセッション・・・みたいなこともどこかでやっているんだろうな。この発展形で言えば、ヨセミテのドラム、ジャカルタのウッドベース、ストックホルムでピアノみたいなトリオがオンラインライブとか・・・。

 ネットが世界を一つにするんですね。もう、ジョブスはいないのに・・・。

これこれこれ!


 これこれこれ!やりたいのはこれ!でも近道はないだろうな。でもやりたいのはこれ。必ず、どこかで、井上銘君のアルバムを探して買うぞ!

 で、このスコアどこかにありませんか?これを見ながらやればいいのだろうか?指の動き的にはトレスできるだろうが、あとは、JAZZのニュアンスなんだろうな。これをスリキレルまで頭に入れよう。

NAGAHAMA JAZZ WALK!始動。

 いよいよ、NAGAHAMA JAZZ WALK!が始動する。9月23日長浜市内の叶匠壽庵さんでの「ボサノバナイト@YUKI BRASIL PROJECT」から本格的始動となる。現在、チームNAGAHAMA JAZZZ WALK!の企画・運営スタッフの皆様で当日の準備や告知ツールを作成中。今回のVol.01は定員が50名というこうとで、音楽の好きな人に対して素敵なライブを長浜市内で体感・堪能していただくにはちょっとキャパ的に小さいかもしれないのですが、本格的な5人編成のバンドでかなりかなり大人チックで雰囲気のあるライブを期待しています。で、8月の後半にこのYUKI BRASIL PROJECTさんのライブが京都のライブハウスに出演されるとのこと、そこで、企画・運営スタッフの皆様と一足早いYUKIさん達のボサノバナイトを体感してこようと思っております。

 ネットで音楽コンテンツがだだ流しの現代、音楽の業界も優良なコンテンツづくりにしのぎを削っているってのに、削っているってのに、何故か世の中、K-POPとAKBみたいな捻じれまくり。あれは正確には音楽ではない。モノホンの音楽を聴ける人が、もしくは、モノホンの音楽の楽しみ方を知っている人がこのVol.01には集まって欲しいと考えております。勿論「モノホンってなんやねん!」という方もぜひ!そこに居ていただければ、モノホンのリアルが体感できますから。とは言え、告知期間も今からですと約1ヶ月間です。ライブチケットは¥2,500(ワンドリンク+スイーツ付)(税込)となっておりす。また、公式WEBサイトが公開したらこのブログでもご案内させていただきますし、ツイッターでもつぶやきま~す。ライブが好きな方はぜひロックオンしておいてください。

 音楽端末のシャカシャカ系のデジタル圧縮データばかり聴いていると、こうして、たまには、楽器から出るストレートな音色を体感したくなるというもの。無意味なダンスも無理苦理の笑顔もないと思いますが、モノホンの音楽であることのリアリティーは抜群です。ぜひ、長浜の街かどやネットで「NAGAHAMA JAZZ WALK!」で何かを発見したり、何かがヒットしたら、一度フォーカスしてみて、クリックしてみてください。そこが、意外に近場にあるモノホン音楽への入口かもしれません。

 で、12月3日には、まず、長浜市内で単独ライブなどということは、実現不可能!?ってぐらいのビックネームが待機しております。まだ、告知はできませんが、「おおっ!NAGAHAMA JAZZ WALK! Vol.02でこの二人!」みたいなまさにモノホン中のモノホンです。世界が認めた日本のモノホン音楽の牽引者二人が12月3日長浜市内にやってくることだけは、今の段階でお伝えできると思います。BTW,チェゲと飛鳥の二人ではないことだけは確実な情報です。

 公式WEBサイトは近日公開ですので、そちらも、また、覗いてみていただけると嬉しい限り。今、しばらくお待ちくださいませ、と言う感じ。やっぱ、プロのワンランク上のライブはいいですね。

長浜ジャズウォークの公式WEBサイトはこちらです。http://www.nagahama-jazz.com/

テレキャスに向かう。

 まだまだ、運指を初めて2日目。まったく、離れていたので、びっくりするぐらい指が動かない。さらに、ボルダリングのトレーニングで指で壁にぶら下がっているので、両手の指の関節の調子が悪い。というよりも痛い。逆送するような運指作業。まだまだ先は長いが、でも、30分~1時間と単調な運指を続けていると弦が指にマッチしてくる。右手のピッキングもタッチが合ってくる。ちやんと的確に弦にヒットした上でリズムをキープできて、指がスケールを思い出すまでまだまだ、時間が必要です。まぁ、なんでもコツコツするのは好きなので、こんな感じのローギアで毎晩テレキャスに向かっていこうと思っております。指の腹も硬くなり、指が動くようになれば、次はコードとプラスアレンジ。私の感覚では、ギターは左手よりも右手がキモ。ギターを語れるほど何もしていないが、ビギナーなりに、左手よりも右手が難しいと思ってきた。結局、左手、右手って言ってる段階でレベルの低いお話かもしれないが、マルチビギナーはそんなもの。それが逆に楽しい。音楽で食っているわけではないので、楽しくありたい。しかし、ビギナーならビギナーなりのレベルと楽しさで、メインテーマであるJAZZに向かっていければと考えております。こうしてJAZZを始めたんです!という意思を主張することで、すでに、「JAZZを始めたのならこれとこれを聴いてください。」とか「JAZZのスケールは特別であり自由ですから、技術だけでは足りない。」という専門的なアドバイスをいただけたり、「テレキャスでJAZZに取り組むならこういう風に弾くとJAZZっぽくなりますよ」的なアドバイスを頂けている。皆さん、ほんとにJAZZが好きなんだと感じています。

 で、このJAZZの山にどこまで登れるか現段階では不明ですが、少しづつ登る準備をしてみようと思っております。一歩踏み込むと誰かが一歩踏み込んで来られる。この出会いは一歩踏み込んだ人にしか降りてこない出会い。いい出会いになるか、悪い出会いになるかは、自分自身次第。なんでも、そうかもしれませんが、楽しい感じの方に向かっている感覚はなんとなくありますね。

これですね。

 これですねこれ!ジェフベックの「freeway jam」なんですね。

バンドスコア到着!

bandscore.jpg
 まずは、ここから「雨上がり~」と「LAYLA」かな・・・。

ホーリーナイトライブ良かったっすよ!

xmas_live005.jpg
 「THE WAHOO!」さん、第2部もパワーが落ちない落ちない。楽しいこといろいろございますが、バンド仲間がいて、発表する場があって、それを見て聞いていただけるお客様がいる。これ以上素敵なことってないですね。このテンションを自分のバンド活動のエネルギーとして、いつかTHE WAHOOさんや森田さんのようにステージで演奏したいです。

「THE WAHOO!」さん、リハ~!

xmas_live003.jpg
 「THE WAHOO!」さんリハ風景です。なんかとても素敵な5名様。余計な言葉は必要ないです。とにかくとにかくカッコ良かったです。いいなぁ~、ライブやりてぇ~~~~!

ホーリーナイトライブ2日目!「THE WAHOO!」さん

xmas_live004.jpg
 ホーリーナイトライブ2008の2日目です。あいにくの雨模様。人通りは極端に昨日から激減。しかししかしそれも跳ね返すような「THE WAHOO!」さんの底力。どこからとなくその素敵なサウンドを聞かれて人が集まる集まる集まる。これが音楽やなぁ~とあらためて実感。ほんとに「音楽」って素晴らしいです。冷たく激しい雨音さえも吹き飛ばす「THE WAHOO!」さんの音楽にしばし心を奪われました。
 また、そんな雨にも関わらずご来場頂きライブを最後まで聞いてくださったオーディエンスの皆様本当にありがとうございました!いやいや、ライブはいいですわぁ~!!!

ホーリーナイトライブin森田師匠!!!

xmas_live002.jpg
 ホーリーナイトライブ2008初日お疲れ様でした!森田師匠素敵でした。あの世界観は森田師匠のコアなんですね。気負わずどこまでもマイペースなライブがとてもとても素敵でした。また、ギターのこと、音楽のこと、いろいろお話したいです。本当に長時間の2ステージありがとうございました!

ホーリーナイトライブ2008初日!

xmas_live001.jpg
 20日土曜日は天気もよく、たくさんの人が来ていただけました。海洋堂様会場にご来場いただいた皆様、本当に本当にありがとうございました!ライブを運営するということでお客様が入らんかったら・・・ととても心配していましたが、会場が満員になった瞬間の嬉しさ・感動はその場にいないと実感できませんね。そういう意味で「ライブ」ってやはり何かを表現する手法としては最高の手段なのだと改めて感激しておりました。本当にご来場いただいた皆様ありがとうございました!

奥の深いスケールのお話。

 これまでは自由にひいていたスケール。感覚でキー上のスケールをひいていたのですが、ちょっとちゃんとスケールを知っておこうと遅ればせながらスケールの本や全コードの書籍や「ロック&ブルースのアドリブ」というような書籍を読んで練習しています。なかなかリードギターも奥が深い。音楽なんて聞くのは好きですが、学校の頃の授業としては興味の対象外だったので、音階や和音などはど・ど・独学です。独学などと言ってみても完成度の高さで言えば素人レベルの末端であることは否めません。しかし、楽しいバンド活動にするために、リードギターのパートをやらせていただくのですから、自由にひくだけではつまらないと思い、奥の深いスケールの世界に踏み込みました。
 で、どこまでできるかが自分自身でも興味があります。しかし、独学のレベルをたぶん超えることはできないだろうと思っていたら、なんと、凄く身近に凄いギタリストの存在があったのです。これがなければこんな気持ちになれなかったでしょう。その方を敬意を込めて「師匠」と呼ばせていただいているのですが、まぁ~凄い。その方のライブも実は12月20日(土)に長浜市内の某所で拝見できるという流れ。また、そのライブの風景などはこのブログで紹介いたします。素敵なクリスマスナイトになるでしょう。始めたばかりのバンド活動なので、海のものとも山のものとも状態なのですが、やはり音楽は自分が演奏するのが楽しいと思いますので、しっかりとレベルアップを目指したいと思います。