なんでもいいリスト アーカイブ

腕時計。

 いつのころからか腕時計をしていない。たぶんもう10年以上していない。気がついたら必要なくなっていた。というよりもそもそも腕時計は何故必要なのだろうと思っている。便利な世の中になったと誰もが口にするが、具体的に何がどう便利になった。環境問題にうるさい人に言わせれば地球の資源を過度に消費した上に成立している便利さだからベラベラベラ。ITに精通している人ならいつでもどこでも必要な情報が誰でも公平に得られる素晴らしい世界になってベラベラベラ。医療の問題も介護の問題も教育の問題も絶対的に便利ではなくなったと思いたくない人々は便利の本質を曲解している人も多いのではないだろうか。たまたま、腕時計をしなくなったからと言ってそこまで解釈を肥大する人間もいかなものかではあるが、そもそも便利とは何だろう?

 人にとって便利な有益な表現、企業にとって生産的なアプローチ、商う人にとって建設的な仕組みなどを頭に描きデザインやWEBサイトの仕事をしているが、腕時計をしていない、つまり、腕時計を便利だと思わない人間に腕時計をPRし販売促進するWEBサイトは作れない。これがどこにでもある先入観である。しかし、日常生活で腕時計をしていなくとも間違いなく腕時計の便利さは知っているというより、腕時計のポテンシャルは認識している。だから、自分自身との距離間において使っていないだけで、この世からなくなればいいとは考えていない。

 ということで、「なんでもいいリスト」の一発目は時間を確認するのなら携帯電話があればいいとなります。時計なんて街のどこにでもあるし、意外と体内時計は腕時計がないことで正確さを保ってくれているし・・・。それに打ち合わせや会議中に腕時計をチラリ見られると私自身テンションが0になる。それが一番の理由かもしれません。打ち合わせやお話中、何気に見た腕時計を相手が見て、テンションを下げたかもしれないという危惧を感じたからはずしたのかもしれません。時間の意識ぐらい身体の中で刻める人間になりたいなぁ~と。