ブログ連載小説 アーカイブ

「脳梁の傍らへ」。#001

 ふとこんなタイトルが頭の中に降りてきた。普通ならブログには書き出さず、書き溜めて物語にしているのですが、なんとなくいろいろ頭にあることがこのタイトルでひとつの物語になり、それを、なんとなく理由は定かではないのですが、このブログで少しずつ物語にしていけたらと思い、頭に浮かぶままにここに書き出していきます。シリキレになるかもしれないですが、ブログ連載小説的に書き下ろして見たいと思います。これもある意味LAB的な取り組みの一つとして。

「脳梁の傍らへ」

#001

 無機質な表情で先生が私に伝えた。「肺癌ですね。申し上げにくいことですが、かなり末期です。余命はおそくら6ヶ月・・・。」この言葉をどう受け止めればいいのだ。死に際で人は人生の場面を走馬灯のように瞬時に回帰すると言われている、まさに、その心地だった。このことを家族に伝えるべきか否か、頭の中にあったまず最初の選択肢だった。一瞬で無機質な病院の色彩がさらにモノトーンとなり、常なら病院の中のざわざわした雑音が遠い向こう側の世界のノイズのように遠ざかっていく感覚。自分の死がどういう意味なのかと考える頭とそれが恐怖なのか失望なのか区分けできないままただふわふわと思考を彷徨う心の間で目に見えるモノ、耳に入ってくる声、歩いている足の感覚が、現実という世界から離脱しすべての意味を問う自分が自分の中に存在することを自覚した。病院の出口。低いモーターの音と共にガラスのドアが開き初夏の湿気を皮膚が捉えた。すれ違う初老の老人がゆっくりと病院に入っていく姿を心で追いながらこの出口から病院の外に出るということでさえ、生きている実感として敏感に捉えている自分がいた。何故だ?と考える前にどうする?と考える前にただ家族のいろいろな顔が頭に浮かび悲しいという感覚でもなく諦めという感覚でもなく歩いていた。病院に来た時に降っていた雨はやみ、初夏の日差しが薄い雲から漏れていた。生まれて何万回も受けている太陽の光でさえ初めて土の中から芽を出し光合成を始める木の芽のような気持ちで受けているような気持ちだった。これから自分はどこへ行くのだろう。

 っていう感じで、思いつくままに書き下ろしていこうと思っております。

まるいカケラ#002

maruikakera01.jpg

 真紀が日本を出て半年が経とうとしていた。そして、僕のマンションに突然手紙が届いた。

 真樹へ。私は今チェコにいます。日本では触れ合うことができなかった心に触れる日々。決して何かはっきりとした目標があるわけでもないし、私が描いていたライフスタイルに向かって前進しているというリアリティーとは程遠い日々を過ごしています。けれど、日本でのあの落ち込む感覚は微塵もありません。充実しているというわけでもありませんが、全てがフラットな上で大地を自分の足が踏みしめている実感に満ち溢れています。イタリアで始まった暮らしの中で、たった一人の生活で何が見えたと思いますか?最初は不安でいっぱいだった心の中が、新しい朝を迎えるたびに少しづつ自分になれる感覚。生まれた国を出て言葉も文化も違う国で、なぜか、自分が見えてきました。不思議な感覚といえば不思議ですが、新しい自分を発見できたと言いたいところですが、そんなフワフワした気持ちではありません。霞が晴れる感覚でした。今週は仕事をさせていただいている工房の仲間たちと小旅行でチェコに来ています。
 泊まっていたホテルの近くで週末に行われていたフリーマーケットでの一枚です。チェコ名物のリキュールワッフル(ウエハース)を買っているところです。そのまま1切れずつで売っていて、歩きながら食べれるのです。なんと2コルナ(←チェコの通貨です)!約14円。まさにその手に2コルナ握り締めているところ。観光地のみやげもの屋やデパートでは、高すぎて馬鹿らしいのと(お店によって、同じものでも価格が全然違うのです)大しておもしろいものにも出会えず何も買えなかったのですが、やっとここに来て、安心して存分に楽しいお買い物出来たっていう瞬間です。
 お仕事は順調ですか?いい会社に出会えましたか?まだ、私はこちらでパソコンを買うことができませんが、いずれ、ちょっと頑張って買うつもり。そしたらもっと真樹に連絡をします。今日まで連絡できなかったことはごめん。でも、私は元気です。真紀

「やれやれ、真紀、変わってねえの。仕事の事を書けって~の。」電車は会社のある最寄り駅に着いた。いつもの朝。「まぁ、貧乏そうだし、なんかここに送ってやるか・・・」真樹は改札を出て今日も人ごみに滑り込んだ。

Special thanks:hime
Mariin-Film Blog

まるいカケラ#001

そして、僕の心にはまるいカケラが残った。真紀は夢に向かってイタリアに旅立った。僕はこの街で僕の夢を追いかけていこう。

「まるいカケラ」

半年前

「だ・か・ら、真樹ってば、何度言ったらわかってくれるのかな!」いつでもどこでも火がつくのが早すぎる。ちょっと何かを慎重に考えるということができない人。言葉にする前にすでに走り始めている人。好き嫌いが激しい上に他人の好き嫌いに興味がなく同調とか協調とか共有とかという文字はこの人の頭の中にはきっとないのだろう。いつもいつも自分のペースで地球は自分中心に回っているという説をいつか発表するだろう。
「ねぇ!何をまた考えてる?言い訳?御託?議論の準備?ねぇねぇ!私、10時からリカの勤めている会社でバイトだから行くね。」「自習は?課題は?もう提出できる状態なの?」「うん?じゃあ!」そそくさとさっきまでメモしていた小さいノートをバックに放り込むと店を出て行った。彼女の基本姿勢はアート中心の人生を送ることで、現在はそのための準備期間らしい。僕は大学を卒業したらどこかのIT系の企業に入れればいいと思っている程度。情報技術ビジネスとアートの間にはかなり深い溝があるように最近思えてきた。それは真紀という人に出会ったことが少なからず影響している。